*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.18 (Mon)

報告書16ページ目 -政治家-


最近違法ダウンロード刑罰化がほぼ決まったというのはご存じですか?

内容は簡単に言えば

・ニコニコ動画やYouTubeなどの有名動画サイトやアニメをアップしているサイトに影響がある

・違反したら罰金懲役そして証拠品としてPC没収等


少なくともニコツベ両方の動画の質は落ちざるを得ないでしょう
特にMAD、これはアニメ等のワンシーンと様々なソングを掛け合わせて作る為著作権等でキツイと自分は予想します












しかし、実はほかにも成立しそうな日本の産業を1~2個くらい潰しそうな法案もあるのです


青少年健全育成基本法


これは自民党と公明党が共同で提出するものらしいのですが大事なのは中身です
これは青少年の健全育成を阻害するおそれがあるメディア(コミック、アニメ、ゲーム、映画など)を規制・監督・指導し、違反者(作者、出版社など)を処罰するのがこの法案の趣旨。
規制されるのはポルノだけではないよ。
この法案は、教育上よろしくないと思われる描写全てを対象としている


ここを見ているという事は少なからずアニメやゲーム等をやっている・やった事のある方だと思いますが良く考えてみてください
ここの 教育上よろしくないと思われる描写全て を決めるのは誰ですか?











そう、政治家です

しかも国民の生活を一切考えたことのないような旧世代の思考を持つ教育パパや教育ママ面した方々です


内容は簡単に言うと『子供に害を与えるものは大人()である我々政治家(笑)が先に規制し子供の明るい未来を守ろう』

という感じです

なぁんだまたいつもの戯言か と思っている方もいるかもしれませんがもしこの法案が正式に稼働し始めれば皆さんの趣味の大半が『違法』としてなくなっていくかもしれません







もし 自分も良くプレイしているAVAが『人が撃ちあうのは子供に有害だ』とのたまう人が出てくれば『有害=規制』になり
プレイできなくなるでしょう







もし 女性向けの漫画などに女子高校生の主人公とイケメンな高校教師の恋愛ものがあるとします

これも『こういうものがあるから教師によるわいせつな行為、女子高校生による援助交際が後を絶たない』と言われてしまえば即破棄することが求められ
持っている人は違法 書き手である漫画家は犯罪者として逮捕されるかもしれません







これはいわゆる2chスレにて書かれた内容ですが、こういう規制を敷いていくといずれこういう社会になるでしょうね



1.子どもへの方策
●甘えるな
●生かされて生きることを自覚せよ
●団地、マンション等に「床の間」を作る
●遠足でバスを使わせない、お寺で3~5時間座らせる等の「我慢の教育」をする
●地域の偉人の副読本を作成・配布する
●学校に畳の部屋を作る
●簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
●満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける
●有害情報、玩具等へのNPOなどによるチェック、法令による規制

  2.大人や行政が主体となって家庭、学校、地域で取り組むべきこと
●バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う
●子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう
●「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック療法を行う
●一定レベルの家庭教育がなされていない子どもの就学を保留扱いする
●文部省、マスコミが1、2週間程度学校で過ごす
●警察OBを学校に常駐させる
●企業は教育に関する書籍や地域の歴史文化に関する書籍を備えた父親文庫を設置する
●名刺に信念を書くなど、大人一人一人が座右の銘、信念を明示する
●マスコミと協力したキャンペーンを行う




確かに、今の現代若者は生きる辛さや働く苦労、親への敬い等を知らずに育ち結果、親殺しや自分より10以上も歳の離れた子供を殺害する
等と言った事件が起きているのかもしれません


しかしこういった事件の裏には親の躾け、望まぬ苦境、馴染めぬ集団生活・・・・いろんな要素が混ざってしまい歪んだ感性をもった結果だと自分は思います

政府が介入すべきなのは問題の矢玉に上がる子供ではなく、隠れた問題である大人(両親)であると自分は思います



仮にこのような社会に今後なったとします



貴方(貴女)はこのような社会に生きる希望を見出せますか?











自分はただ労働をし老い死んでいくような人生は死んでも嫌ですね
ですが自由民主党と公明党(その他一部の議員)の推し進める法案はここまで話が肥大指定しまう可能性を孕んでいます

ここで書いた内容は考えすぎかもしれません
実際はここまで酷くならないかもしれません


しかし、こうなる可能性もあるという事なのです


この法案に反対するか否かはご自分で調べて良く吟味してからでも構いません





自分がこれを調べ始めたのは『知らずしていつの間にか法案が成立していつの間にか手に手錠が付いていた』
という事にならないようにという一心で調べただけです




最後に

この件は自分が考えて書いた文章です(文字のURLの先は自分よりもっと詳しく載っていますので参考に)
これは違うだろ とかありましたら反論でも結構です
コメントでも書いていただけたら幸いです
07:00  |  雑談系  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。